スポンサーサイト

--年--月--日 - スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

識琴 (序)

2005年10月26日 - 宮燈夜雨

lx3.jpg


荒野之上龍宿急急而奔,奈何先前被人暗算且更是用卑鄙手段致使他中毒,怎麼也無法擺脫追殺之人;蒙面殺手緊追在後,招式來回間,龍宿已落下風;鮮血不斷地從扯動的傷口中湧出,意識逐漸迷離,體力也一點一點地流逝...

一心的奔走卻發現自己不知不覺選擇了條死胡同——懸崖。
龍宿漸漸停下身來。即使面臨即將到來的死亡,臉上依舊是那似笑非笑的神情,只是笑中帶著莫名寒意。
見狀,眾殺手伺機包圍龍宿“哈哈,疏樓龍宿,這是天要你亡啊!”帶頭之人叫囂著,其他眾人更是步步逼近。
“哼,吾疏樓龍宿就算死也絕不會假借他人之手!”用盡最後的氣力一個躍身,龍宿往懸崖跳去。

就這麼結束吧,一切都,厭倦了......

一瞬間,似乎聽到有個聲音在呼喊自己,那個聲音...好像在哪裡聽過,是誰呢?

不停下墜的身軀朦朧中忽然感受到一股暖意。逼迫自己撐起意識,微睜的雙眼只見得是那如仙的白影,是他......
隨之,昏死過去。
スポンサーサイト

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

このサイトについて


菊一文字則宗
幸福像花一樣
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。